| よくあるご質問 | お問い合わせ | サイトマップ |

土屋文明のプロフィル 1890年(明治23)〜1990年(平成2)
群馬県高崎市保渡田に生まれる、高崎高校から一校・東大にすすむ、伊藤左千夫の家に住み込み「アララギ」に参加、在学中山本有三、芥川竜之介、久米正雄と同級生、俳句短歌、小説戯曲も書く、諏訪高女、松本高女の校長も歴任。齊藤茂吉の後を受けアララギ派の指導的存在となる、戦後群馬吾妻に疎開し万葉集の研究に専念、「万葉集私注」を出版、万葉集研究の第一人者となる。昭和38年より宮中歌会初召人となる、61年文化勲章受章。 
土屋文明館訪問記
☆群馬には古代から古墳、埴輪、万葉の東歌も一番多く、榛名・伊香保・子持山等が歌い込まれている。
古墳時代からこの土屋文明記念館がある旧群馬郡群馬町周辺は双子山古墳・八幡山等の縄文古墳がある。関東の中心であったことは確かである。大正・昭和を代表する土屋文明はこの地で生まれ育ち、高崎高校、東京大学をへて長野諏訪、松本の高校長歴任する傍ら伊藤左千夫、島木赤彦、斉藤茂吉の流れをくむアララギ派の総帥として活躍、世界に誇る文学「万葉集」の研究に精魂を傾け「万葉集私注」を発刊した。この記念館は群馬県立で敷地も広く、緑の公園には園内には小川が流れ、文明の歌碑や群馬出身の詩人山村暮鳥の詩碑「いっぱいの菜の花-----」や村上鬼城の句碑もある。周囲を見渡せば赤城・榛名・妙義の上毛三山が見渡せる風光明媚な地でもある。館内には文明の生い立ちや作品を紹介する文明館があり、映像で文明のひととなりもわかる。展示室にはいつも群馬出身の文学者中心にバラエティーに富んだ文学作品が鑑賞できる。隣接する縄文時代の遺跡や古墳を訪ねると心が楽しくなること請け合いである。(Y.aoki 記)
 
土屋文明の歌碑 《青き上に榛名を永遠の幻に出で帰らぬ我のみにあらじ》 故郷を旅立つときの歌

ゆいゆい島崎藤村記念館明治5年(1872)3月25日(旧暦2月17日)、筑摩県馬籠村(後の長野県西筑摩郡神坂村)に生まれる。本名島崎春樹。生家は江戸時代、本陣、庄屋、問屋をかねた旧家。父正樹、母ぬいの間の末子。
 明治14年、9歳で学問のため上京、同郷の吉村家に寄宿しながら日本橋の泰明小学校に通う。明治学院普通科卒業。
 卒業後「女学雑誌」に翻訳・エッセイを寄稿しはじめ、明治25年、北村透谷の評論「厭世詩家と女性」に感動し、翌年1月、雑誌「文学界」の創刊に参加。明治女学校、東北学院で教鞭をとるかたわら「文学界」で北村透谷らとともに浪漫派詩人として活躍。 
 明治30年には第一詩集『若菜集』を刊行し、近代日本浪漫主義の代表詩人としてその文学的第一歩を踏み出した。『一葉舟』『夏草』と続刊、明治32年函館出身の秦冬子と結婚。長野県小諸義塾に赴任。第四詩集『落梅集』を刊行。『千曲川旅情のうた』『椰子の実』などは一世紀を越えた今も歌いつがれている。
 詩人として出発した藤村は、徐々に散文に移行。明治38年に上京、翌年『破戒』を自費出版、筆一本の小説家に転身した。続けて透谷らとの交遊を題材にした『春』、二大旧家の没落を描いた『家』などを出版、日本の自然主義文学を代表する作家となる。明治43年、4人の幼い子供を残し妻死去。大正2年に渡仏、第一次世界大戦に遭遇し帰国。童話集『幼きものに』、小説『桜の実の熟する時』、『新生』、『嵐』、紀行文集『仏蘭西だより』『海へ』などを発表。  
昭和3年、川越出身の加藤静子と再婚。昭和4年より10年まで「中央公論」に、父をモデルとして明治維新前後を描いた長編小説『夜明け前』を連載、歴史小説として高い評価を受ける。昭和10年、初代/日本ペンクラブ会長に就任、翌年日本代表として南米アルゼンチンで開催された国際ペンクラブ大会に出席。昭和18年、大磯の自宅で、『東方の門』執筆中に倒れ、8月22日71歳で逝去。大磯町地福寺に埋葬される。馬籠の菩提寺永昌寺には分骨として、遺髪・遺爪が埋葬される。
毎年命日の8月22日には菩提寺である永昌寺にて、関係者らにより藤村忌が執り行われています。

 1/1ページ