| よくあるご質問 | お問い合わせ | サイトマップ |

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.02.08 Wednesday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「あなた様の≪人生アート≫をランプ坂ギャラリーで展示」をテーマに、2014年3月実施の予定で皆様から出品作品を募集しております。
作品は、お好きな作風でゆい思い出工房のアーティストがお手伝いして制作いたします。
この機会に是非ご自分、ご家族などの作品をお作りになりませんか。アーティストの方々にご協力いただき
展示会特別価格で制作していただきます。
完成した作品は一般の方々に下記内容で公開いたします。是非ご覧にお越し願います。

開催日:2014年3月21日(金)〜29日(土)10時〜18時 (最終日29日は16時まで)
展示場所:ランプ坂ギャラリー(四ツひろば場内) (27日は休館日です)
住所:東京都新宿区四谷4−20 電話:03−3359−3413

≪イベント≫
●似顔絵コーナー●アート写真(ポートレート)撮影会●講演会を予定しております。
詳細は決まり次第ご案内いたします。

似顔絵

今月(8月)4日、浦安明海の丘公園夏祭りに、似顔絵イベントとして参加しました。
似顔絵制作にはゆい契約のさいとうあきら画泊にお願いし、”家族と一緒に似顔絵を描きませんか”と呼びかけ、予約でいっぱいで画泊も大忙しでした。多くの親子、孫と祖父母、子供同士などが注文してくれ、楽しみにしており、出来上がった絵を見て皆ことごとく「ワア〜!」と歓声を上げ喜んでくれ、その姿が印象的でした。中には愛犬アリスと家族二人と一緒にとの注文もあり、下段の映像がそれで、これはたくさんの注文の中 一番喜んでくれた様子でした。
この夏祭りはマンションと大通りに囲まれた広い公園で、中央では盆踊り、フラダンス、曲芸などが催され皆和気藹藹にて楽しそうでした。我々のイベントと同様、その周囲にテントを貼って植木、飲食屋台、おもちゃ等々数々の出店があり、たくさんの入場者で賑わいました。
当ゆいの参加は今回で3年目、ゆい活動として定着してきた感があり、続けていきたいと考えます。




ゆい思い出工房では時折歴史を訪ねるウォーキングを開催しております。
今回は7月末ホタル飛び交う里、那須那珂川上流より引いた清流のほとりに、この世のものとは思えない“数多のホタル舞う里”にご案内しました。参加者は20名、チャーターバスで蔵の街栃木市や天皇家が最近開放した那須御用邸・平成の森を散策、歴史ある温泉:北温泉や幸乃湯で都会の垢を流しくつろぎました。

27日(金):午前中、江戸の商都・蔵の街“栃木市”で鯉の泳ぐ清流、巴波川に沿って散策。
       “とちぎ山車会館”で実物の山車と「とちぎ秋まつり」の上映を堪能。
       その後歴史ある建物“山本有三ふるさと記念館”で山本有三の業績を偲びました。
       昼食は蔵の中で手打ちそばを味わう。
       午後、那須の宿幸乃湯でひと風呂浴び、夕食後、近くの那須フィッシュランドへ。
       夏休み、多くの家族で賑わう中、暗闇をホタルの乱舞するせせらぎに沿ってゆっくり観賞。
       沢山の天然ホタルがゆったりと舞う光景は、幻想的で心洗われる気持になりました。
       参加者の中から“今までこんなに沢山のホタルが群れ飛ぶ世界は見たことがない”との感激の声を
       聞きました。

28日(土):那須御用邸の一部が昨年“那須平成の森”として開放されました。その中の、ふれあいの森
      (一般開放ゾーン)を散策後、若いガイドさんに森の植物や、熊の生態のレクチャーを受け、自然の
       豊さ知る事が出来ました。その後展望台より“駒止の滝”を観賞。そして北温泉へ。
       歴史のある温泉で、昨年、映画“テルマエ・ロマエ”のロケ地となり一躍脚光を浴びました。
       温泉プールは映画ではローマに通ずる温泉として紹介されておりますが、このプールでは裸で泳ぎ
       楽しみました。昼食と入浴後、当法人に協力を頂いている“木工房・ヒロ”に立ち寄り作品を観賞、
       購入後予定どおり無事帰路へ。栃木の歴史と自然を楽しんだ二日間でした。





     

  ゆい思い出工房の画家・長部トオル氏が東京銀座・並木通りの《ギャラリーKANON》
 で初めての個展を開催している。早速見てきました。数十年にわたり制作した卓上
 カレンダーの作品を抜粋し展示している。長部トオル氏は毎年テーマを変え独創的な
 視点でカレンダーを制作している。今年は『ロボフォニー楽団』というテーマで
 ロボットが毎月違った楽器で演奏しているユーモラスな作品ですが、年により《祭り》
 であったり、《太陽》であったりで、どの作品もメルヘンチィックで夢とユーモアを感
 じさせ、見る人の心を和ませてくれる。銀座にでたら是非立ち寄ってほしい。長部トオル
 「こよみ絵展」は5月12日(土)まで並木通りの英国屋隣のビル2階の《KANON》で
 開催中。

   

ゆい思い出工房がNPO法人として誕生して足掛け4年。
「絆100展」という展覧会を昨年5月開催し、たくさんの“縁”の絆を“結わせて”いただくことができました。

その作品集(写真、イラスト、油絵、きり絵、CG]加工等々)の一部を紹介することも兼ね、ゆい思い出工房の活動をもっと積極的に発信したり、より多くの作例集をご紹介する「ゆい思い出工房ブログ」を始めることにしました。

また、今後、ゆい思い出工房が主宰するイベントのご案内や、お祭りなどへのお誘い、作品例のご紹介などを掲載して、私たちの活動をより身近に感じていただくとともに、作品依頼をご検討されている方に、よりわかりやすい情報提供ができればと考えています。

どうぞお気軽にお立ち寄りください!

<< 2/3ページ >>